All rights reserved. Copyright(C) 2002- Australia & Newzealand Pharmacy Group 転載、コピー禁止

ムサシQ&A集51〜

Q&A集1〜10 Q&A集11〜20 Q&A集21〜30 Q&A集31〜40 Q&A集41〜50 Q&A集51〜
このQ&A集は転載を禁止します。

分類:スポーツサプリメント
輸入依頼されたい方は日本の個人輸入代行会社から「スポーツサプリ」のバナーをクリックしてください。価格・注文表が出てきます。
製品一覧はこちら サプリメント詳細はこちら

MUSASHIの2002年の(英文日本語訳)Q&A集です。その後の新製品は含まれていません。

Question:51-1
クレアチンHMBを飲みはじめました。水やジュース、ミルクなどの液体といっしょにとってもいいのでしょうか?
Answer:51-1
水や非炭酸のものといっしょにとります。これは吸収を促進するためです。ただ、ミルクは吸収を遅らせるので、アミノ酸製品を飲む時にはむいていません。
Question:51-2
以前、クレアチンはシトラスジュースととるといいと聞きましたが、本当でしょうか?その理由を教えて下さい。
Answer:51-2
クレアチンは酸の液体といっしょにとると分離してしまいます。その効果は特に変わりないのですが、酸のジュースなどとは別にとることをおすすめしています。
Question:51-3
男性の生殖不能にはどのようなものが効きますか?Lアルギニンモールスタミナがいいと聞いたことがあります。
Answer:51-3
Lカルニチン2gが精子生産や運動性に役立つということは示されています。Lアルギニンを1日ティースプーン2杯、モールスタミナという組み合わせは確かにいい使用法です。また、トリブラスハーブは男性のスタミナをつけるためにブルガリアで使用されはじめたものです。1日に2回キレートの22mgの亜鉛をとるのもいいでしょう。これらは健康食品店などで手に入ります。
Question:51-4
私は朝、運動をして、クレアチンを飲んでいます。カフェインの含有については理解しています。でも、午前中に特にカフェインをとりたくなってしまいます。どの程度のカフェインならとっても構いませんか?
Answer:51-4
いい質問です。カフェインは好きな人には止めにくいものです。特に朝はそうだと思います。クレアチンをとるより1時間程あけてカフェインをとるのならいいでしょう。また、利尿作用で失われる水の補給に、水分を多くとりましょう。トレーニング後にコーヒーをとるとクレアチンの効果はなくなってしまいます。1日に1杯のコーヒーにとどめておきましょう。
Question:51-5
カフェイン以外で何かクレアチンの効果を阻害するものはありますか?今、私はジンセンを飲んでいますが大丈夫でしょうか。
Answer:51-5
カフェインはたしかに大量にとるとクレアチンの効果を阻害します。他にもアルコールやエフェドリン、偽(性)エフェドリンなど利尿作用のあるものは避けましょう。
Question:51-6
17才の女性です。身長は165cm、体重62kgです。運動選手ですが3ヶ月のオフシーズンに持久力と強化、また5ヶ月の競技時期にもいいものを何かすすめて下さい。
Answer:51-6
オフシーズンはクレアチンクレアチンマッスルスタックで、またWPCHMBのようなプロテインフォーミュラを飲んで下さい。競技の時にはエネルギーフォーミュラを、また回復のためにリカバリーをとりましょう。
Question:51-7
17才の男性です。ウェイトトレーニングをしています。クレアチンは成長を妨げるようなことはありませんか?
Answer:51-7
ウェイトトレーニングは成長を妨げることはありません。テストステロンレベルを少し上げるでしょう。合成タンパク同化ステロイドを飲むと、あなたの年令では成長に支障をきたすかもしれません。ウェイトリフティングをしている人の中にずんぐりした感じの人が多いので、きっと成長に支障があると誤解したのでしょう。クレアチンは成長ホルモンやテストステロンには影響しません。骨の成長にも影響しません。
Question:51-8
私は93kgで16%の体脂肪です。ウェイトはこのままで、体脂肪をあと5%ほど減らしたいのですが、どのようなサプリメントがむいていますか?
Answer:51-8
プロテインを飲んで下さい。あまり多くの体脂肪を減らそうとすると、体に支障をきたし、筋肉までも減ってしまいます。体重1kgにつき1.5-2gのプロテインを飲んで下さい。グルタミンHMBがいいでしょう。これらで筋肉を維持するのです。Lカルニチンを運動前にティ1杯、フアン肝臓強壮を1日2回ティースプーン1杯飲むとさらにいいでしょう。飽和脂肪酸をカットし、食物の中にある、ベジタブルオイル、フラックスシードオイルイブニングプライムローズオイルなどの不飽和脂肪酸を増加させます。高炭水化物を避け、炭水化物は朝食だけ、あるいは午後2〜3時以降はとらないようにしましょう。
Question:51-9
クレアチンモノハイドレイトグロウリングドッグクレアチンの新製品は同じような効き目ですか?それとも違いますか?
Answer:51-9
ムサシの100%クレアチングロウリングドッグクレアチンは薬学的なグレードのクレアチンモノハイドレイトが含まれています。確かに同じような効果があります。クレアチンはマイクロナイズドを好む方と、ノーマルのものを好む方とそれぞれいらっしゃるようです。
Question:51-10
ファットロスLカルニチンの違いを詳しくおしえて下さい。
Answer:51-10
ファットロスLカルニチンが入っています。Lカルニチンは有酸素運動での脂肪の燃焼に大きな役割を果たします。これらのことはLカルニチンエッセンシャルガイドに書かれています。ムサシを扱う所で18ドルで手に入ります。F(ファットロス)はLカルニチンと組み合わせてもいいですし、単独で用いても構いません。
 
Question:52-1
私はやせているので、もっと筋肉とウェイトをつけたいのですが、プロテイン、炭水化物などどれを飲んだらいいのでしょうか?
Answer:52-1
プロテインは非常に重要です。体重1kgにつき、1.5-2gのプロテインをとって下さい。毎日バルクフォーミュラを3回飲むといいでしょう。
Question:52-2
ファットロスLカルニチンどちらがいいものですか?毎日エアロビをしています。低脂肪の食事もこころがけています。
Answer:52-2
ファットロスは脂肪がたくさん食事に含まれていたりする場合に有効に働きます。もし、あなたが十分なトレーニングをしているのなら、トレーニング前にLカルニチンをティースプーン1杯をとればいいでしょう。
Question:52-3
18才です。ウェイトリフティングを始めました。いくつかサプリメントを飲んだのですが、もし、パウダー状のものを水やジュースといっしょにとらないと、吸収が悪くなるのですか?
Answer:52-3
アミノ酸パウダーの多くは水やジュースに溶けにくいものです。しかし、胃酸や腸の酵素では溶け、吸収されていき、血流にとどくのです。
Question:52-4
筋肉の強化と維持に何かとりたいと考えていますが、副作用のないもので何かありますか?
Answer:52-4
プロテインパウダーとクレアチンがまずいいでしょう。始める時に必要で重要なものが含まれているからです。詳しいことは私達のウエブを参照して下さい。
Question:52-5
クレアチンモノハイドレイトに関して聞きたいのですが、どのくらいの期間、量を飲めばいいのですか?
Answer:52-5
5日間のうちに1日5回ティースプーン1杯ずつ飲みますが、その量は体重やトレーニング状態によって変わるでしょう。その後は6週間、1日ティースプーン1杯を飲みます。その後、少し止め、2週間後にまた、ロード(集中摂取)を開始してもいいでしょう。
Question:52-6
アルコールはクレアチンを体に吸収させないと聞きました。グロウリングドッグクレアチンを飲んでもアルコールをとると影響力がなくなるのですか?
Answer:52-6
カフェイン、アルコールは利尿作用があります。これがクレアチンのそしてグロウリングドッグクレアチンの効果を妨げるのです。ですから、クレアチンを使用する時はアルコールやカフェインの摂取を最低限に抑えておいて下さい。
Question:52-7
クレアチンの使用法で、途中1ヶ月やめることは必要ですか?それは何のためでしょうか?また、クレアチンをしょっちゅう飲んでいても体には問題ありませんか?
Answer:52-7
クレアチンの使用に関しては特にきびしいルールはありません。休みを入れても、使用を続けても構いません。休みを入れることは、トレーニングの休憩や休息と似たような意味を持っています。あなたが必要無いと感じた時は使用を止めていいのです。
Question:52-8
私はクレアチンを2ヶ月ほど利用しています。5kg増えました。1週間ほど利用をやめたいと思っています。再開した時にはまた、はじめからクレアチンの使用法をはじめる必要がありますか?
Answer:52-8
1週間の休みは問題ないでしょう。クレアチンの使用はそのまま続けて下さい。クレアチンに関しては、正常なレベルに戻るまでは約1ヶ月かかります。
Question:52-9
マッスルフォーミュラはプロテインのもとですが、他のプロテインパウダーのようにとりすぎると肝臓を悪くしますか?
Answer:52-9
多くとりすぎるのはよくないです。しかし、それには大量のMが消費される必要があります。ムサシ製品はたくさんの運動選手により使用されていますが、1日50gまでが最大の使用量です。
Question:52-10
私はファットロスをちょうど買ったところです。効果が出るのはいつ頃でしょうか。食事は低脂肪で、毎朝5時半からエアロビもしています。運動前1時間半にFを飲みます。25才、女性です。体重がかなりあります。
Answer:52-10
ムサシは、「効き目がどのくらいであらわれるのか」という質問に対しては、個人差があるのでお答えしかねます。ファットロスは少なくとも数カ月は使用を
続けなくてはなりません。エアロビをする30分前にFは飲んで下さい。直前に飲んでしまうと、吸収の面からもあまりいい結果は得られません。
 
Question:53-1
現在、怪我をしていて、トレーニングができません。筋肉を維持し、脂肪をつけないようにするためにはどんなサプリメントを飲めばいいですか?
Answer:53-1
怪我などの原因でトレーニングをしなければ、筋肉はある程度弱ってしまうものです。しかし、ニークアンのようなフォーミュラで筋肉の保持を支えることはできます。クレアチブは筋肉の弱化を最低限に抑える働きを持つものです。非常に有効でしょう。
Question:53-2
アキレス腱を痛めています。回復にはどんなサプリメントがいいのでしょうか?
Answer:53-2
グルコサミンを試して下さい。これは骨関節症や結合組織(靱帯、腱、軟骨)の怪我に有効です。回復や修復力を助けます。
Question:53-3
LP1グルタミンクレアチンを含んでいますが、どうしてですか?双方が影響してマイナスになることはありませんか?
Answer:53-3
グルタミンクレアチンは筋肉細胞に入る道のりについては詳しくは研究がすすんでいないのでわかりませんが、いろいろな経路で入ると考えられます。また、グルタミンは脳、胃腸、免疫システムで使われます。ですから、いつも筋肉に行くとは限りません。ムサシはこれら2つのものが重なり合い、無駄になっているとは考えていません。
Question:53-4
92%プロテインを買いました。いつ飲んだらいいのでしょうか?トレーニング前ですか?後ですか?
Answer:53-4
92%プロテインはプロテインフードです。通常の食事では得られないプロテインレベルを持っています。必要に応じていつでもとれます。トレーニングをしている場合は、トレーニング後の30〜60分以内にとるいといいでしょう。これで、筋肉の回復や修復が助けられます。
Question:53-5
プロHGH、プロシンボプラス、セクレタゴグのようなサプリメントは老化防止に働くとネットで読みました。HGHやIF1を含んだこのような種のサプリメントを作る予定はありますか?
Answer.53-5
成長ホルモンや性ホルモンのレベルを高めることで、老化をゆっくりにするという方法が考えられています。これらのホルモンは処方薬で、薬局での販売は制限されています。Lアルギニンを就寝前に10gとることで、成長ホルモンの放出が刺激されます。これはムサシで手に入ります。
Question:53-6
Lカルニチンは飲む前に水やジュースと混ぜてもいいですか?また副作用はありますか?
Answer.53-6
Lカルニチンは溶けやすいものです。ジュースや水ととかして構いません。特に問題はないでしょう。
Question:53-7
スリムにはクエン酸(食物酸330)が含まれていますか?
Answer:53-7
はい。スリムコーラ、レモネードは両方ともクエン酸を含んでいます。
Question:53-8
Lカルニチンを使い始めました。一番効果を得られる使用法をおしえて下さい。
Answer:53-8
有酸素運動の30分前にティースプーン1杯(2.5g)飲むのが一番効果的です。トレーニングをしない日はティースプーン半分を朝晩飲んで下さい。
Question:53-9
クレアチンは水分を保持するという働きのために筋肉アップにつながるのですか?現在、私はトレーニングで筋肉を鍛えようとしています。MマッスルゲインLカルニチングルタミンを飲んでいるところです。何かアドバイスを下さい。
Answer:53-9
いいえ、クレアチンは水分保持に働くというのではなく、筋肉細胞にはりをもたせるのです。確かにこの時に、筋肉細胞は正常な状態より少し大きくなります。クレアチンはエネルギーのもとで、トレーニングや正しい食事をした上でよく働くものです。
Question:53-10
テストステロンを高めるものは問題ありませんか?
Answer:53-10
テストステロンを高めるもの、DHEA、アンドロステンジオン、ノルアンドロステンジオンはほとんどの国で使用が認められていません。トリブラステレストリスのようなハーブは、テストステロンレベルを間接的に高めることができます。ムサシモールタミナフォーミュラはブルガリアのトリブラスを含んでいます。最近は、女性もホルモンバランスを気にしているようです。