All rights reserved. Copyright(C) 2002- Australia &Newzealand Pharmacy Group

これら製品の価格や注文などの問い合わせ、健康に関する相談など、日本で医薬品販売許可がある個人輸入代行業者(オレンジドラッグ)メールや電話(0836-58-5639)でお気軽にお問い合わせください。

ケルプ、クロレラ、スピルリナ、DHA・EPA、タラの肝油、サメの肝油

<すべての始まりはどこにあるか>
この惑星上の生命の多くは水にその起源があったことを我々は信じています。しかし、地上の動物の適応でおそらく我々は海洋や湖の下にある宝物のいくつかを忘れているのではないでしょうか。実際、海洋水が不可欠ミネラル要素の最も豊富な源であるということを現代科学は、我々に示しているのです。海洋はミネラルが自然の力によって捨てられる集積地域だと描写されたのです。これらの巨大な源は、この先我々にとって非常に重要になるかもしれないのです。現在、我々がとる食物のうちの土壌から得られるものによってミネラルを得ています。もし、我々が土壌で育てる食物が、病気から我々の体を守るために必要とする全ての栄養分を供給することができなくなったとしたら、我々は海と湖の食物の方に注目しなければならないかもしれません。水中の食物連鎖に閉じ込められた植物や生物には今すぐに我々に供給されなければならない、そして、将来より大きな役割を果たすであろうものがあるのです。

<我々へのニュース>
日本人、中国人、南大平洋の島の人々、グリーンランドのエスキモー人などの古代の海の文化は何百年もの間、海のこの秘密のことを知っていたのです。ケルプや海草は、長い間これらの国で好まれている野菜の源であったのです。

<ケルプ>
この海草はスポンジのように働き、栄養素やミネラルなど生命に必要なものを吸収します。ケルプはまずはじめに薬として肥大した甲状腺のために使われました。医師はケルプがなぜそのような効果を持つかを知りませんでした。その後、ヨードに富んだその性質が肥大した甲状腺によく、甲状腺肥大の原因がヨード不足であったことがわかったのです。ヨードが新陳代謝をコントロールする甲状腺を刺激することによって働いたので、ヨードをとった人々はより容易にウェイトを落とせたのです。これらの観察から、ケルプはウェイトロスを補助するために使われはじめました。新陳代謝を手伝うケルプの有効な力がコレステロールの低下に結びつくと示されました。この多才な海草はまた、健康的な皮膚、髪を維持するためにも広く使用されています。ケルプの最も劇的な作用は、ひどいメタル汚染と放射線の効力を体内でなくす能力です。ケルプ(ナトリウムアルギナート)の中のアクティブな成分が重メタルの吸収を止めることができるということを研究は示したのです。アメリカの健康に関する権威は海岸でケルプを集めることを人々に思いとどまらせました。それは産業汚染がすすんでいったからです。そして、商業的に深海のケルプが食物として得られることが提案されました。

<クロレラ>
クロレラはミネラル塩に豊富な浅い池に生息する藻類です。ケルプのように、価値ある栄養分、鉄、亜鉛、ビタミンAを含んでいます。ビタミンAは免疫のサポート力を高めます。クロレラの中には緑野菜にあるより10倍から100倍ものクロロフィルが含まれています。クロロフィルの重要性は、植物の栄養を作り出すために太陽のエネルギーを使う能力として有名です。緑植物は太陽の光を取り入れ、毒素を浄化し、免疫システムに精力を与え、細胞膜を強くし、自然のエネルギーを急増させていくのです。

<スピルリナ>
この微視的な青緑藻類は、アルカリ性の水の浅い湖で見つけられます。スピルリナは「驚き食物」として知られていて、古代のアステカ文明の主要な食事の一部でした。たんぱく質、ビタミンB12 、鉄が他のほとんどの食物源より高いのです。また、ベータカロチン、クロロフィル、ビタミンE、ミネラル、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛を十分量含みます。スピルリナは特に栄養になり、体重を減らすためのサプリメントとして使用されています。食前で30分にとれば、この藻類のアミノ酸が脳をだまして、ほんのわずかの食物で食欲が満たされるようにするのです。

<海洋脂質(EPA)とタラの肝油>
フィッシュオイルの成分であるEPAは、海洋の冷たい深い水に由来していて、それはタラの肝油やサメの肝油と間違えられるべきではありません。海洋脂質は、脂肪質、EPA、DHAの非常に高いものです。カナダのエスキモー人の魚食に関する研究によると、彼らは心臓病の割り合いが非常に低い発生率であると示されました。このフィッシュオイルの不飽和結合の性質は、コレステロールを含まないことを保証するだけでなくて、血液での有害な脂肪を減少させることにも有効なのです。タラの肝油は、価値がある脂肪酸が高く含まれるだけでなく、ビタミンA、Dの優秀なソースです。脂溶性ビタミンが豊富であるので、タラの肝油は良い視力、風邪、病気に対する抵抗力、健康的な組織、骨、歯の維持にも役立ち、ある種の癌を防ぐ働きも持っていると言われています。

<サメの肝油>
このオイルは、深海ザメの種属に由来しているものです。アクティブ成分は、アルコキシグリセロールです。これらの化合物は、我々の骨髄、肝臓、脾臓で少量発生し、母のミルクにも見られるものです。サメの肝油に関する研究は、アルコキシグリセロールの作用が白血球、血小板などの生成を通じて、抗体の数を増やすということを明らかにしました。これにより、癌などの病気やその他感染症などに対し、高い抵抗力と免疫システムの働きを高められるのです。サメの肝油は、放射線療法を経験する人々や白血球減少症、血小板減少症の危険にいる人々への救いとなることでしょう。放射線療法の前に使われると、サメの肝油は異常な細胞の生産をコントロールしてくれることでしょう。

<海草、フィッシュオイル、藻類>
ケルプを食べてもかまわないという人がいても、ほとんどの人は、あの嫌な匂いや、フィッシュオイルのカクテルを飲むことを苦手とするでしょう。そこでいいお知らせです。あなたは魚かケルプのを食べなくてもよいのです。あなたのお近くの健康食品店にサプリメントについておたずね下さい!






タラの肝油
コドリバーオイル84P
1日2Pを目安に
お召し上がりください




オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)
100カプセル

スクワレン
70カプセル
1日1〜3カプセル
1P中
タラ肝油:275mg
ビタミンA:580IU
ビタミンD3:58IU
1カプセル中
フィッシュオイル:1000mg
以下を含みます
EPA:180mg
DHA:120mg
1カプセル中
スクワレン:1000mg


オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)
90カプセル
オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)
150カプセル

240カプセル
1カプセル中
フィッシュオイル:1000mg
以下を含みます
EPA:180mg
DHA:120mg
天然ビタミンE:1mg
ビタミンA:1mg中100IU
ビタミンD:1mg中50IU
1カプセル中
フィッシュオイル:1000mg
以下を含みます
EPA:180mg
DHA:120mg
天然ビタミンE:1mg

1カプセル中
フィッシュオイル:1000mg
以下を含みます
EPA:180mg
DHA:120mg


参考書籍文献
  1. Jensen, B., Chlorella: Gem of the Orient, California, p 221, 1987.
  2. Brohult, A. et al, Regression of Tumour Growth after Administration of Alkoxyglycerols, Acta Obsten. Glynecol. Scand.; 1978: 57: 1,79.

輸入依頼されたい方は日本の個人輸入代行会社から「フード系サプリ」のバナーをクリックしてください。価格・注文表が出てきます。