All rights reserved. Copyright(C) 2002- Australia & Newzealand Pharmacy Group

これら製品の価格や注文などの問い合わせ、健康に関する相談など、日本で医薬品販売許可がある個人輸入代行業者(オレンジドラッグ)メールや電話(0836-58-5639)でお気軽にお問い合わせください。

レシチン

<脳の燃料なたの思考ためのハーブ>
★記憶力、認知症、物忘れ、高血圧、動脈硬化、コレステロール

レシチン
100P
1日3〜6カプセルを目安
1カプセル中
レシチン1200mg

レシチンはヒトの体のどの細胞にも見られる天然物質です。特に、腎臓、脳、内分泌腺によく見られます。それはリン脂質かホスファチドとして知られている混合物の混合で構成されています。私達の体は、多数の機能のために常に速くレシチンを使うのです。たとえ私達が体内のシステムで供給できるとしても、いつも必要とされたレベルを保つことはできません。私達はもしレシチンが提供しうる全ての利益を受けるならば、規則正しい供給が必要になることでしょう。大豆はレシチンが豊富なもので、私達が利用できる最もありふれた供給源です。

<レシチン 天然神経食物>
レシチンはその主要な組成物、ホスファチジルコリンによる役割の為にしばしば神経食物として言及されます。ホスファチジルコリンはアセチルコリンの体内での自然な生産にとって必要なものです。これは神経衝動をにない、体が受けたメッセージを脳に伝える役割に関与します。レシチンの十分な供給なしでは、体の神経システムは緊張過剰になってしまいます。こういう理由でホスファチジルコリンは、脳の神経伝達物質の欠如している患者に対しての薬やアルコールリハビリセンターで時に使用されています。

<記憶力、思考力の改善>
ホスファチジルコリンの脳での使用は、身体のメッセージには制限されません。それはまた記憶能力を高めて、明白な思考を促進することにも役立つかもしれません。レシチンは脳内物質の28%を構成しています(これらは知能や情緒の発達が遅れた人々では低い数字になるかもしれません)。脳内でのレシチンの急速な利用や不規則な食事は思考の遅れや物忘れの激しさに結びつく可能性があります。レシチンの含まれたサプリメントが、それらの困難をいくつかを克服する手伝いをするかもしれません。レシチンはアルツハイマー病や認知症に苦しむ人にとって有効かもしれません。そして、激しい憂鬱のような他の脳の問題の治療の手助けにもなります。

ホスファチジルコリンはニューロンを24時間体制で守り、膜組織を通じて物質の出入りを監視し、特に重要な内部の大切な知能を保護している。ホスファチジルコリンはニューロンの中のシナプシス電気活動を回復して脳を癒し、精神活動の回復を促進する。認識力が低下した高齢者にホスファチジルコリンを与えると、脳の機能に大幅な改善が見られる。

<コレステロールのコントロール>
血流で脂肪質の沈殿物を分解するホスファチジルコリンの能力は、動脈硬化、胆嚢、心臓病に苦しむ人にとって貴重なものです。確かに大豆を主要な食物の部分として取り入れている国では、コレステロールの引き起こす病気の発生率が低いのです。必要のない脂肪を混ぜることによってホスファチジルコリンは、効果的に血循環を増やすのです。また、重要な脂溶性ビタミンA、E、D、Kの吸収も助けます。血流での脂質に対する作用は、脂質を燃焼させ、エネルギーとして使用するというものです。

<美しさのためのレシチン>
レシチンはクリームや化粧品において、自然の乳化剤として長年の間、使用されてきました。レシチンの中の天然脂肪酸は若い素肌を保つのに役立ちます。また、乾癬のトリートメントにも役立ちます。ある実験では、これらの徴候を78%の人々がコントロールできたという結果を得ました。目のまわりの脂肪質の蓄積は多くの人にとってやっかいな問題ですが、レシチンの取り入れを増やすことによって効果的に扱われることでしょう。食事の栄養不足か病気、老化、精神的なストレス、長引く身体の疲労はみな体のレシチン貯蔵の減少に結びつきます。このサプリメントはどんな不均衡も訂正、改善することを手伝います。また、体や心の健康にも役立ちます。

輸入依頼されたい方は日本の個人輸入代行会社から「フード系サプリ」のバナーをクリックしてください。価格・注文表が出てきます。