All rights reserved. Copyright(C) 2002- Australia &Newzealand Pharmacy Group

これら製品の価格や注文などの問い合わせ、健康に関する相談など、日本で医薬品販売許可がある個人輸入代行業者(オレンジドラッグ)メールや電話(0836-58-5639)でお気軽にお問い合わせください。

月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)

・PMT(月経前症候群)の緩和
・動脈の活動の正常化
・湿疹、にきびのトリートメント
・関節炎に伴う痛みの緩和
・穏やかな感覚の増加

<民俗の薬として重要なもの>月見草の花
月見草(イブニングプリムローズ)にはその特有な明るい黄色の花と同じくらいカラフルな歴史があります。「自然の治療者」として人々はこのハーブを大切にしてきたのです。それは7万年前に中米で確認されたのがはじめてです。何世紀もの間、古代アメリカインディアンはその根や葉を使い傷の治癒や呼吸に関する問題を扱っていました。1619年、それが「王の万能薬」として知られているようになり民間療法の重要な部分となると、ヨーロッパの開拓移民は、ヨーロッパにそれを輸送したのです。今日、月見草(イブニングプリムローズ)は根や葉よりもその種から抽出されるオイルにより注目が集まっています。

<現代科学の「再発見」月見草(イブニングプリムローズ)>
過去の30年間、世界中の病院や大学で厳しいテストがなされ、月見草(イブニングプリムローズ)に関する効能の多くの報告されました。その薬用効能は、何度も臨床の研究で証明されました。さらに最近イギリスで最も厳しいテストを切り抜け、薬を規定している権威に認められました。それは安全で、そして効果的であると宣言されたのです。

<どのように働くか?>
月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)はリノレン酸(LA)とガンマリノレン酸(GLA)という人間の体内でのプロスタグランジンの生産に不可欠な成分を含んでいます。
プロスタグランジンはホルモンのような混合物です。これは体中で絶えず使われており、細胞を若返らせています。プロスタグランジンはためておくことができません。規則正しく補充される必要があるのです。しかしながら、プロスタグランジンの生産過程は現代社会の生活様式や食事によってダメージを受けています。年令、高コレステロール、ストレス、アルコールの摂取過多、糖尿病、飽和脂肪、炭水化物、ウィルスの伝染病などの要因は、プロスタグランジンの不足によるものかもしれないのです。月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)中の高いガンマリノレン酸(GLA)含有量は、プロスタグランジンの生産を最高に高めてくれます。


220カプセル
1回2カプセル1日3回目安
イブニングプリムローズオイル:1000mg
ガンマリノレン酸100mg含む)

<PMTの自然な緩和>
月経前の徴候は、緊張やいらいらしすいことだけではありません。痙攣、憂鬱、胸痛、頭痛と砂糖渇望などは実際多くの女性が毎月抱えている問題です。月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)の研究をしているデイビッドホロビン博士はイギリスのセントトーマス病院において、ある女性のグループが、PMTの深刻な徴候の改善が月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)によってもたらされることを臨床的に示しました。非常に面白いことに、そのテストで試された女性の大多数が通常の薬を用いた治療には反応しませんでした。

<月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)と関節炎>
月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)の抗炎症作用はリューマチ性関節炎で苦しんでいる人々にとって大きな助けとなり、処方薬の必要性の縮小に結びつくこともあるのです。関節炎に苦しむ人を含めて、月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)をとっている94%の人々が痛みや炎症が緩和されたという報告があります。他の薬を使用している人の67%は改善されない、あるいはより悪くなったという報告もあります。

<心臓病の危険を減少させる>
月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)は循環、高血圧、コレステロールの減少と健康的な動脈のメンテナンスで、心臓病の防止を支えると言われています。オイルのGLAが有効なのです。喫煙、食事のかたより、運動不足のような現代西洋式生活様式習慣が、正常で健康的な心血管システムを維持するのに必要なプロスタグランジンの減少を起こしてしまうのです。月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)に豊富なガンマリノレン酸(GLA)を加えることで、異常に固まる血液の傾向を改善し、コレステロールを効果的に減少させもするのです。

ー他の効能ー

<多発性硬化症>
多発性硬化症患者のうちの何人かは、月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)が病気のつらい徴候をいくらか取り除いて、症状が頻発することを減少させもするかもしれないことが報告されています。

<エイズ>
月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)の定期的な使用が、エイズ苦しむ人をも救うかしれません。報告された効能のうち、皮膚の傷と疲労の軽減がよりよい結果をもたらすと言われています。

<ウエイトコントロール>
肥満のあるケースでは月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)はカロリーを燃焼させて、新陳代謝の異常を改善するために、脂肪組織を刺激しることでしょう。

<アルコール>
ある医学の研究では、禁断症状を改善することでアルコール中毒患者のためによい結果を報告しました。アルコールが肝臓で新陳代謝させられる方法を変えるので、月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)を飲酒後にとれば、二日酔いを止めることができるのです。

イブニングプリムローズは天然栄養素ですぐれた効果を持ち、副作用はありません。どなたにもその効能の利益がもたらされます。

輸入依頼されたい方は日本の個人輸入代行会社から「フード系サプリ」のバナーをクリックしてください。価格・注文表が出てきます。