All rights reserved. Copyright(C) 2002- Australia&Newzealand Pharmacy Group

輸入依頼されたい方は日本の個人輸入代行会社から「免疫ミルク」のバナーをクリックしてください。価格・注文表が出てきます。

-コロストラムよくある質問- ーコロストラムについて医師からの言葉- -コロストラム体験談-

コロストラムー天然免疫ミルク


100gパウダー

120カプセル

チュアブル120錠

すべての年代の人のための免疫を高める効果

コロストラムとは?
コロストラムとは、分娩後24時間から48時間にわたって母親の乳腺から分泌される初乳のことです。これには、新生児の健康や成長力を司る、生命維持因子や成長因子が含まれています。コロストラムを摂取しないと、ほとんどの乳児が死に至るとさえ言われる重要な物質なのです。

問題提起
50年代から60年代にかけて、多くの医師が母乳保育を奨励しています。しかしながら、大多数の人は、この天然の「恵み」についてほとんど認識を持ち得ていないと思われます。コロストラムによって、私たちは、免疫、消化機能に対する生後初の補強を受けるのです。そして、思春期を過ぎると、私たちの体内に存在する免疫、成長因子の量は減少を見せ始めます。私たちは、病気にかかりやすくなり、気力体力は、衰え、皮膚はその弾力を失います。さらに、余分な体重が増え、筋肉組織の正常性が失われます。その上、私たちは、汚染物質やアレルゲン(アレルギー起因物質)に毒された環境に囲まれて暮らしています。

生前に私達は母親の免疫に頼って生きています。そして母親の体内で、ウイルスやバクテリアの侵入から身を守っています。ですから、生後の段階ではその免疫システムは体内ではあまり発達していないのです。例えば成人では、分泌腺IgA (涙のような体分泌中の免疫グロブリン)の形で抗体を生産します。これらの抗体は、バクテリアから我々の粘膜を守る働きを持ちます。分泌腺IgA は生まれたばかりの赤ん坊には事実上存在しません。コロストラムと母乳から得るのです。しかし、それはコロストラムが私達の免疫システムの発達をサポートする方法の1つにすぎません。コロストラムはウィルスの複製を禁じることができる物質とともに、重要な免疫グロブリン- IgG、IgM、IgAを高く含みます。コロストラムはまた、鉄結合タンパク質のラクトフェリンを含みます。ラクトフェリンはまた、バクテリアの膜を破壊するのを手伝う酵素を含みます。どんな赤ん坊にとっても、母親のコロストラムは、最高の最初の食物です。しかし、年をとっても、私達はまだウシ属のコロストラムの免疫サポートへの利益を得ることができるのです。もちろん、ウシ属のコロストラムは、人間のコロストラムと全く同一ではありません。各々、種々の異なる成分を含んでいます。しかし、ウシ属のコロストラムは、コロストラムの免疫構築成分(免疫グロブリン、ラクトフェリン、オリゴサッカライド、ビタミンなどの要因)の強力な源となるのです。特にウシ属のコロストラムは、ビタミンA、E 、B12など健康な免疫システムにとって重大なものが高く含まれています。コロストラムが赤ん坊の免疫発展をサポートするのと同じように、それは大人の免疫システムを強くするのを助けるのです。

解決策
研究により、コロストラムには、人体に恒常性(生体が内外の環境の変化にもかかわらず、形態的、生理的性質を一定に保とうする、健康維持のための強力にして不可欠な性質)をもたらす、強力な天然の免疫、成長因子が含まれていることわかりました。コロストラムには、バクテリアやウイルス、イースト菌、寄生虫などの病原体と交戦する作用があります。また、汚染物質、汚染菌、アレルゲンの攻撃を受けた場合、その有害性を封鎖する効力をもっています。さらに、コロストラムの成長因子は、善玉菌などのプラスの「副作用」を数多く引き出します。脂肪の代謝、燃焼能力の強化、脂質の少ない筋肉組織の形成を促進する、肉体的あるいは精神的負傷の治癒力を向上させる等々です。

原料
殺虫剤、抗生物質、成長ホルモン、化学物質などの投与を受けず、牧草地にさえ化学肥料を禁止されているニュージーランドの乳牛150万頭以上の、有機肥料のみによって生育した健康な乳牛の第2子出産後24時間以内に採取された初乳のみから精製されています。これによって、強力効果のコロストラムが実現できたのです。強力たる所以は、天然の肥料によって生育した哺乳動物は、化学肥料を餌としたものより、より広範な病原菌に対する免疫力を発揮することに由来します。また、その莫大な頭数により、高度の質的均一化が可能となっています。

製造法
コロストラムは、弊社独自の特許製法による、唯一の完全水溶性コロストラムです。
最近の調査によれば、コロストラムが、人体の消化系において適切に同化され、十分な効果を与えるためには、水溶性であるべきだとなっています。コロストラムは、免疫グロブリン・レベルを高めるための操作はなされていません。免疫グロブリンの濃度を上げると、事実上コロストラムの細菌撃退能力が半減することが、最近になり報告されています。コロストラムは、抗体成分や機能性因子が本来的状態で保たれていない場合や、正しい加工処理がなされていない場合、その効力は減じられることになります。特に熱の加え過ぎは、禁物です。コロストラムは、母牛の二回目の分娩直後の24時間以内に採取されたものです。(その子牛が生存に必要なコロストラムをすべて取得した後) 農場から加工処理工場へ移送される間、冷却保存されます。(冷凍させるのではありません。コロストラムを凍らせると、解凍に熱を要することになるからです。) そして、認定処理工場において、粉末乾燥させられます。(熱は加えません) このとき余分な脂肪分が取り除かれます。コロストラムは、この低温加熱処理によってその効力を確保しています。コロストラムは、多種の悪玉病原菌を破壊することが臨床的に報告されている、画期的なコロストラムです。一般的には、栄養成分が水溶性でない場合、人体における同化は困難であるとされています。コロストラムを完全水溶性にし、最大限の健康効果を可能にする独自の特許製法を考案しました。この免疫グロブリン高濃度コロストラムは、独自の研究所の分析によって、最低30%の免疫グロブリン含有が保証された他に類を見ない純正初乳コロストラムです。熱によらない乾燥処理で、生理活性を最大限に確保しています。過剰な熱処理は、コロストラムの効力を台無しにします。(本物質を錠剤化する場合の熱処理も同様です。) 新生次に、研究所内でテストが行われ、生理活性物質の含有量や純度が検査されます。新生コロストラムは、小腸に到達できる天然乳牛ジェルカプセルになっています。したがって、小腸においてベストの効果を発揮できます。

★コロストラムは、弊社独自の特許製法による、唯一の完全水溶性コロストラムです。最近の調査によれば、コロストラムが、人体の消化系において適切に同化さ れ、十分な効果を与えるためには、水溶性であるべきだとなっています。
★完全水溶性は、冷却保存されたコロストラムのみです。非冷凍のフリーズドライ乳牛コロストラムは水溶性ではありません。
★コロストラムは、加熱せず乾燥させました。過度の熱、特にコロストラムを錠 剤化するときに強熱を用いると、製品効果は低迷することになります。
★余剰脂肪分を取り除く処理がなされています。
★腸内での同化を促進する微粉状になっています。
★製品は毎回、不純物および免疫グロブリンの含有量を検査しています。

コロストラムは、製品化に先立ち以下の厳しい審査基準をクリアしています。
★健康体と認定された一級の乳牛からのみ採取したものであること。(子牛が生存に 必要なコロストラムを取得した後)
★第2子分娩後の初乳のみから採取し、最大限の生理活性を確保すること。
★牧草を餌とし、成長ホルモンや殺虫剤、抗生物質の投与事実がないと認定された牛からのみ採取したものであること。
★加工処理および製品化に関しては、自社の管理工場において専用コンテナを用い冷却保存、冷却移送をなすこと。この専用コンテナは、コロストラムを活性状態に保 ち、低温におけるゲル状化を防ぎ、水溶性を可能にする特製のものです。
★均質にて微粉状に濾過された、同化性を促進させる水溶性かつ長鎖タンパク質(免疫 グロブリン)を分解させるものであること。
★乳牛数千頭のコロストラムを混合させ、免疫因子を最大限に含有することを標準化すること。
★余剰脂肪分を取り除き、特殊粉末乾燥処理により加熱せずに乾燥させること。この 処理は、通常の高温処理よりもコスト、処理時間が非常にかかります。
★消費者の安全のため、研究施設において検査を行う。大腸菌、サルモネラ菌、殺虫 剤、重金属、抗生物質、その他の病原体に関する検査が要求されます。これに加え 、血小板の総数は高数値を示しているか(善玉腸内細菌の活性度の指標となる)、免 疫グロブリンの含有量は16%以上であるかの検査が要求されます。
★溶解性を高めるため、乳牛由来のゼラチン・カプセルとする。
★最低限の品質要件をクリアしていない製品に関しては、速やかに廃棄する。

なぜコロストラムは驚異の効果と言われるのか?
年をとるにつれ、私たちは、風邪やインフルエンザ、疼痛などを撃退するのに、少しずつてこずるようになります。気力、体力は共に低下し、皮膚はその弾力を失い、ゆゆしき事態が身体に襲いかかるようになります。こうなると、世の関心は、健康製品、抗老化製品、そして、その正しい知識に焦点がおかれます。危険となる服用量、組み合わせも知らぬまま、こぞって手元のビタミン、ミネラル、ハーブ製品を何度も見比べます。そして、手当たりしだいにその解決策を探してしまいます。植物やミネラルは、免疫因子や免疫グロブリンを作り出す免疫組織がなく、また筋肉や皮膚、骨の成長因子も内在していません。そのないものを、私たちは植物やミネラルに求めてきたのです。周囲の悪玉菌から人類を守る、特別な物質があることに目を向けてください。老化や病気、死は、身体内の免疫、成長因子が減少すると訪れます。世界中の何百という医学リポートに、身体内のこれらの機能因子は、乳牛コロストラムによって代用できることが記されています。

なぜ成人の私たちにコロストラムが必要なのか?
年をとるにつれ、私たちは、風邪やインフルエンザ、疼痛などを撃退するのに、少しずつてこずるようになります。病気には、かかりやすくなり、気力、体力共に減少します。皮膚はその弾力を失い、余分な体重が増え、筋肉組織の正常性が失われます。また、成長期を過ぎると、しだいに身体内の免疫、成長因子は減少します。これだけの事実があれば、抗老化製品、健康製品、およびその正しい知識の必要性を、私たちに強烈に意識させるのに十分でしょう。これまで、私たちは植物やミネラルにその解決策を求めてきました。微量栄養素(ビタミンやミネラル)を分離し、大量投与を行ってきました。最近、ようやくメディアのおかげで、このアプローチが一か八かの危険性を含んでいることに気づくよになりました。周囲の悪玉菌から人類を守る、特別な物質があることに目を向けてください。老化や病気、死は、身体内の免疫、成長因子が減少すると訪れます。世界中の何百という医学リポートに、身体内のこれらの機能因子は、乳牛コロストラムによって代用できることが記されています。
乳牛コロストラムの存在は、新しいものではありません。インドでは、何千年もの間、アーユルヴェーダの内科医や霊能力者たちによってコロストラムから授かる心身の健康効果が記されています。コロストラムは、乾燥したものが牛乳配達人によって届けられ、そのヒーリング、セラピー効果が名を馳せているそうです。スカンジナビア諸国では、何百年の間、子牛の誕生と健康を祝して、美味な味付けを施されたコロストラムプリンやはちみつをかけたコロストラムデザートなるものが作られているそうです。一方米国では、ペニシリンや他の抗生物質が発見されるまで、むかしから抗生物質代わりに好んで薬用されていました。18世紀後期、西欧の科学者たちによって、コロストラムの研究が開始され、生存、成長、および新生児の発達に関するその効能がしたためられています。今日では、コロストラム関連の主要な健康効果について発表している科学的、臨床的研究が数多くあります。

コロストラムはいったいどのように効くのか?
コロストラムは、独特の作用によって身体内にたくさんの免疫因子を供給する、優れた効果を有する物質です。たいていの病原体は、腸管の粘膜を経由して身体内に侵入します。健康を維持するためには、病原体と交戦できる力を私たちがもつことが肝要です。バクテリアやウイルス、汚染物質、汚染菌、アレルゲン(アレルギー起因物質)の攻撃に屈するわけにはいかないのです。David Tyrell博士の臨床研究(1980年、英国)によれば、コロストラムの高濃度の抗体、免疫グロブリンは腸内で吸収されることはなく、腸管に留まるとされています。つまり、ここで病原体を叩くのです。したがって、身体への侵入を許さず、病気の誘発も食い止めるわけです。この後、同化、配送され、身体内において免疫体として機能するとなっています。コロストラムが、他に類を見ないほどすぐれた効果の経口サプリメントとなり得るのは、この一連の作用に起因しています。

コロストラムの免疫因子
伝染病や変性疾患(変性=細胞や組織が生理的な性質を失い、正常に存続しなくなること、がんや心疾患などもその例に含まれる)の訪れは、免疫系の機能低下に誘導、随伴されるものです。研究により、コロストラムには、免疫機能修復作用をもつ強力な免疫因子(免疫グロブリン、ラクトフェリン、サイトキネス等々)が含まれることが判っています。また、コロストラムにはPRPが含まれています。PRPは、不活性な免疫系を活性化させることが医学研究で示されています。さらに、PRPには、自己免疫疾患(自己の組織抗原に対する自己抗体が産生され、それが対応抗原と免疫反応を起こすために発症する疾患)に見られる異常免疫系、つまり自分で自分の身体を攻撃しているような状態、を抑止する作用があることが報告されています。医師の弁によれば、腸を経由して身体内に侵入を受ける病気が最も多いとなっています。コロストラムが内在する抗体、免疫グロブリンの大半は、吸収されずにそのまま腸管内に留まります。そして、ここで病原体を攻撃し、身体内への到達を阻み、発病を阻止するのです。さらに、コロストラムの成長因子には、その侵入経路を封鎖し、侵攻を食い止め、病原体を無害化する作用があります。医学的調査によれば、コロストラムの免疫グロブリン、抗体および付随免疫因子などのもつ広範な作用は、人間やペット用哺乳動物の病気回復やその予防に多大な可能性を与えるものとされています。

コロストラムの成長因子
医学的研究から、コロストラムの成長因子は、人体に次のような作用をもつことが判っています。
★老化や損傷を負った筋肉、骨、コラーゲン組織、神経組織の再生および修復。
★絶食(減量)時などに、筋肉組織の代わりに脂肪を燃焼させエネルギー化する作用。
★脂質の少ない筋肉を形成、維持する作用。
★体内の不可欠物質DNA、RNAの修復
★血糖値の調節、正常化
★局所的に作用し、火傷、手術創、切り傷、擦傷、口内炎を治癒する。
★知覚過敏や虫歯に伴う口内細菌や痛みを抑止する。
★血糖値や脳内物質の正常化を手伝い、鋭敏さを養い、集中力を高める。
★脳内の精神向上物質(セロトニンやドーパミン)の活動を正常化し、良好な気分を推 進する。

研究によって、コロストラムには、正常細胞の成長、組織再生、精神的損傷の治癒をサポートする驚異の効能があることが明らかになっています。つまり、若返りの妙薬ということです。コロストラムには若さの泉が湧いているのです!

以下は、製造研究所の分析によって確認された成分含有量の比率です。
免疫グロブリン
タンパク質63 - 65 %
水分4.26%
アッシュ(灰分)4.85 - 4.97 %
脂質0.8-3 %
乳糖2 - 3 %

ミネラル比率:
カルシウム0.26%
三価燐0.24%
マグネシウム0.04%
ナトリウム0.07%
カリウム0.14%
コリン0.12%
鉄0.20mg/100g
銅0.06mg/100g
コバルト0.06mg/ 100g
マンガン0.016mg/ 100g
ヨウ素0.03mg/ 100g
クロム

ビタミン:
ビタミンA、脂質1g中45mg
カロチノイド、脂質1g中35mg
ビタミンD 4IU / 100 ml
ビタミンE 2-3mg/ 100 ml
チアミン(ビタミンB1)500mg/100g
ニコチン酸100mg / 100g
パントテン酸220mcg/100ml
ニコチン酸70-80mcg / 100 ml
ビタミンB6、50-70 mcg / 100 ml
ビタミンB12、1.0 mcg/100ml
ビオチン3-4mcg / 100 ml
葉酸0.5-9mcg / 100 ml
アスコルビン酸(ビタミンC)2.5mg./100g
ビタミンB2、500 mcg / 100 ml

タンパク質中のアミノ酸比率
リシン7.65%
メチオニン1.88%
システイン微量
アルギニン4.82%
トリプトファン1.66%
ヒスチジン2.76%
イソロイシン8.57%
ロイシン8.57%
フェニルアラニン4.61%
トレオニン7.45%
バリン8.17%
乳牛コロストラムの生理活性分構成(乳牛およびヒト・コロストラム特有成分)
免疫因子:
★高濃度免疫グロブリン: IgG17%に加えIgM, IgA, IgE,分泌IgA,およびIgAの合成を誘導する、IgA特異性補助因子 (sIgA)
★Bラクトグロブリン、ラクトアルブミン、アルブミン、プリアルブミン、アルファ 1-アンチトリプシン、アルファ1-フェトプロテイン、アルファ2-マクログロブリン、ヘ モペキシン、ハプトグロブリン、ベータ2-ミクログロブリン、C3、C4、オロソムコイド
★サイトキネス:インタールキン1、6、10、腫瘍壊死因子(TNF)およびインターフェロ ンy
★ラクトペルオキシダーゼ-チオシアン酸塩およびキサンチンオキシダーゼ(強力抗菌 系)
★ラクトフェリン(鉄キレート因子)、リンフォカインおよびリゾチーム
★プロリン高含有ポリペプチド(PRP):免疫賦活ペプチド
★アルファ2-グリコプロテイン(糖タンパク質)、APグリコプロテイン
★さらに: 多種の特異性抗菌抗体、抗ウイルス抗体、抗イースト抗体、単細胞抗体と 、複合糖質をはじめとする非抗体免疫複合物を高濃度に含む。

成長因子:
★インシュリン様成長因子(IgF-1)(高濃度)
★転換成長因子AおよびB
★表皮細胞成長因子(EgF)
★線維芽細胞成長因子(FgF)
★プロラクチン(涙腺分泌を活性化する)、ゴナドトロピン放出ホルモンおよび結合ペ プチド(GnRHおよびGAP)
★インシュリン

カプセル:
コロストラムカプセルは16時間の半減期を持っています。そのため、1日2回の服用が最大の効果を発揮します。製造者は1日2回2〜4カプセルという服用を最小限維持することをすすめています。"COLOSTRUM -- LIFE'S FIRSTFOOD"(コロストラムーー人生のファーストフード)の著者であるクラーク博士は1日2回3000mgか3カプセルの服用が最低限であると述べています。人それぞれコロストラムの効き具合は違います。そのため、あなたは自分自身にとってどのくらいの服用量が適当かを試す必要があります。カプセルは食物などを取らずにいっしょに空腹の状態で服用して下さい。(食前30分か食後2時間は必要です)服用は朝食前、昼食後の数時間後あるいは夕食の1時間前がのぞましいです。日常服用時間には注意して間違いのないようにして下さい。コロストラムの免疫作用は小腸に達して効果があらわれます。カプセルの服用時にはたくさんの水を用いて下さい。

<のどの痛み>
体の一般的免疫に対する強力なサポートだけでなく、コロストラムは高レベルのオリゴサッカライドを含みます。オリゴサッカライドはバクテリアが消化器官やのどの粘膜に付着するのを妨げるのを手伝います。免疫サポートとバクテリアの伝染病からのどを守る直接行動との働きの点で、ウシ属のコロストラムがのど痛みから救ってくれる最良のものであると言えます。もちろん、コロストラムがのどの粘膜を保護するために有益ならば、コロストラムを選び、のど組織をなだめることは意味があります。ウシ属のコロストラムの多くの製品が丸ごと飲み込むものであるので、コロストラムが消化器官へ直接行くのです。それがのどを流れ落ち溶ける時、コロストラムはのどを落ち着かせるものとなるのです。

<病気からの回復時>
どの親も知っている様に、生まれたばかりの赤ん坊は、非常に成長が速いものです。彼らは母乳の豊富な栄養分だけでそうすることができるのではなく、コロストラムの成長要因でタンパク質統合を刺激されているのです。コロストラムの成長要因が体中のタンパク質の崩壊の速度を遅くするのを助け、エネルギー源として脂肪を使い、新しい組織の成長のためにタンパク質を貯えることを効率的に行うのです。病気や外科的処置からの回復時にコロストラムは大きな役割を果たすのです。コロストラムがどのように免疫システムに利益を与えることができるかすでに見てきました。そして、病後に免疫システムは、再建する必要があることもわかりました。同時に、病後や体の弱っている時には体は、健康的な新しい組織を総合するため必要が非常に高くあるのです。コロストラムの高レベルの栄養と成長要因は、治療と再生力を急増させるために体に必要なものなのです。

<ストレスと環境汚染との戦い>
ストレスは現代生活の産物と言えます。若い時も年を重ねても常にストレスはつきものです。これは仕事や勉強においてだけのものではなく、毎日の生活の中に以前より多くのストレスがあるのです。賃貸料を払ったり、学校に子どもを行かせたり、抵当を清算したりと、ストレスのもとは絶えません。生物学的意味では、運動したりスポーツすることでさえ、ストレスの原因となりうるのです。少しのストレスなら害はありません。しかし、過度のストレスは私達の体の許容範囲を超えます。ストレスがあなたの免疫システムを損なうことは否定できません。そしてそれが起きるとき、 コロストラムは救いの手になりうるのです。しかし、現代生活では、他の種のストレスにもさらされています。今日私達は史上最悪の環境汚染にさらされているのです。遊離基は、あなたの体の細胞にダメージを与える化学物質です。それはしばしば汚染、タバコの煙、多くのインスタント食品で見つけられます。これらは現代生活では避けて通れないものです。抗酸化剤は遊離基を中和する化学物質です。コロストラムにはいくつかの抗酸化剤の化学物質が含まれています。 ビタミン A 、E は人間の体の最も重要な抗酸化剤であって、それゆえ遊離基にさらすことでのダメージに抵抗できるのです。

<胃腸の健康>
特に子供に見られる胃腸の伝染病は、コロストラムでケアできることが示されています。例えば、ロータウイルスと呼ばれる微生物による伝染病は、伝染性で子供時代の下痢の原因です。女性や子供のためのアデレイドメディカルセンターでは、病院での子供のロータウイルス伝染病の割合が調べられました。子供たちは2つのグループに分けられ、1つのグループはウシのコロストラムを毎日、もう一方のグループは、何も受けないように設定されました。14日の後、コロストラムを受けなかった子供の14%がロータウイルスに感染し、コロストラムを受けた子供は誰も感染しなかったという結果が得られました。ロータウイルスに関してだけでなく、他の胃腸の病気にも関係することがその後わかってきました。胃腸内の虫と戦う牛のコロストラムの効果に関する研究はすすんでおり、コロストラム内の免疫グロブリンの70%を占めるIgGがキーポイントとなっていることがわかってきました。

<お年寄りのためのコロストラム>
私達は年をとるにつれて、体の自然のプロセスの多くが衰えていきます。それがインフルエンザ、風邪、傷、骨折などから回復するために、より長い時間が必要となってくる理由なのです。ウシ属のコロストラムがこの体機能の減速に役に立つことができるのです。免疫力が弱くなった?消化機能を損なった?コロストラムが胃腸の伝染病の撃退をはじめとして、どのように全ての哺乳動物の免疫システムを強くするかをこれまで見てきました。年令を重ねる程、このケアは大切になるのです。病気からの回復時の集中した栄養物の摂取と成長時の栄養という面で、コロストラムは若者のためにだけでなく、お年寄りのためにも非常にいいものなのです。

<運動選手のためのコロストラム>
コロストラムはスポーツ選手にも人気があるサプリメントです。コロストラムの成長要因はその高い栄養レベルにもとづき、運動選手によりきつい、より長い練習にたえられる力を与えます。回復時間の改善によって コロストラムはあなたがどんな運動体制においても最高の能力を出すことを保証するのです。実際、コロストラムは厳しいトレーニングプログラムにおけるあなたの体を守り、伝染病や病気の発生率を減少させて、免疫システムを守る手助けをするのです。

参考書籍文献
  1. Oda, S., et al, Comp Biochem Physiol 94A.4(1989):805-808.
  2. Ballard, N., et al, J Cellular Physiol 110(1982):249-54.
  3. Ganong, W. F., Review of Medical Physiology, 7th Edition, (1975) p. 298.
    Knowles, T., et al., Biochem J (1991):547-54.
  4. Davidson, G. P., et al, The Lancet, 709-12, 1989.
  5. Am Family Physician 41(6):1819(1), 1990.
    Mitra, A. K., et al, Acta Pediatr (Norway) 84(9):996-1001, 1995.
  6. Flanigan, T., et al, J of Protozoology 38.6:225S-27S, 1991.
  7. Mach, P., et al, J Immunol 106:552-63, 1971.


輸入依頼されたい方は日本の個人輸入代行会社から「免疫ミルク」のバナーをクリックしてください。価格・注文表が出てきます。