All rights reserved. Copyright(C) 2002- Australia&Newzealand Pharmacy Group

これら製品の価格や注文などの問い合わせ、健康に関する相談など、日本で医薬品販売許可がある個人輸入代行業者(オレンジドラッグ)メールや電話(0836-58-5639)でお気軽にお問い合わせください。

キチンキトサン

脂肪吸収阻止キトサン
120カプセル
1カプセル中
キトサン500mg
1回1カプセルを食事
の時、水とともに
お召し上がりください

* 食事における脂肪分を血流に取り込ませない
* 画期的な天然ウェイトロス製品
* 悪玉コレステロールレベルの低下と善玉コレステロールの増加


キトサンは「脂肪遮断作用のあるサプリメントです。脂肪吸収を阻害することで減量効果を上げます。エビやカニなどの甲殻に含まれる、キチンから得られるキトサンですが、植物繊維に似ており、体内で消化されません。内服するとキトサンはスポンジのスポンジのような働きをし、脂肪を吸収します。消化管を通過しながら自らの重さの4〜6倍もの脂肪を吸収し、脂肪が代謝作用により余分な体重となって蓄積される前に体から洗い流してくれます。
しかし、キトサンは慢性過食症には効果がありません。キトサンはダイエットの開始時などに利用し、2週間以上連続して使用しないでください。キトサンは体内の脂肪を退治すると同時に、ビタミンA、D、E、Kなどの脂肪性ビタミンを奪ってしまいますので同時にマルチビタミン等の服用をお勧めします。

<キトサンとは何か?>
キトサンはエビやカニのような甲殻類の殻に見られるキチンというアミノポリサッカライドに由来するものです。キトサンの化学構造は植物繊維のセルロースと似ていて、脂肪を引き付けるように活性化します。30年間、キトサンはオイルや毒素のある化学漏物質や水質浄化など環境病のコントロールに使われてきました。キトサンはオイルの漏れた場所において、「汚染物質マグネット」のように働き、汚染物質をくっつけ、取り除きやすくします。キトサンは効果的で自然のものなので、広くこの目的で使われています。

<キトサンはウェイトロスにどのように役立つのか?>
キトサンは吸収もされない不消化のファイバーで、カロリーもありません。しかし、ゼロカロリーこそが驚くべきことなのです。カロリーのないキトサンファイバーだけでなく、食事における脂肪の結合、吸収阻害が大切なのです。これがウェイトロスに役立つ機能なのです。あなたが脂肪を含む食事をした時、体はそれを燃料として使うことよりも、体内に貯えようとします。脂肪や脂質はまた血流に吸収されます。そして、動脈、静脈、各器官にコレステロールを運び、心臓病や肝脂肪などの原因となります。キトサンに結合した脂肪は血流内での通常の動きができず、燃料として貯えられることもありません。これは脂肪ボールという形成物が大きすぎるためにこういった経路には不適合となるからです。食事に含まれる脂肪のうちの半分か3分の2はキトサンに結合され、腸を通じて排出されていくのです。

<キトサンと健康な心臓>
キトサンは血圧のコントロールや尿酸の減少など、体内でさまざまな働きをします。しかし、脂肪結合の役割以外では、キトサンはコレステロールレベルの低下に最も効果的であると言えます。コレステロールが血流に届くことを妨げることにより、キトサンはコレステロールの悪い形である低密度リポプロテイン(LDLs)の体内蓄積を減少させるのです。高密度リポプロテイン(HDLs)あるいは善玉コレステロールの体内での自然な生産はキトサンの脂肪ブロック作用によっては影響を受けません。LDLsのレベルの低下とHDLsの増加は健康的な心臓、動脈をもたらしてくれます。

<キトサンには何ができないか?>
キトサンはすでに体内に蓄積されている脂肪は減らすことができません。定期的な運動と、カルニチンのような脂肪を燃焼させる栄養素だけが体内の脂肪を取り除けます。キトサンは脂肪を大量にとってもよい、あるいは運動をしなくてよいという保証をしているのではありません。ウェイトを落したい人や食事に大量の脂肪が含まれていることを気にしている人にとって、キトサンは脂肪を吸収し、満腹感を与え、体脂肪の蓄積を抑えるのです。キトサンだけに頼るのではなく、摂取する脂肪の量を減らすことが大切です。

<キトサンについて他に何を知っていますか?>
キトサンを食事前にとることで、体内に脂肪が吸収されるその量を抑えることができます。しかし、他のサプリメントと同様に、脂溶性のビタミンAやEの取り入れを邪魔してしまいます。食事の中の脂溶性ビタミンはキトサンに吸収されるので、他にサプリメントをとることが最良の方法です。ランチやディナーが1日の中で最も脂肪が多く含まれている食事ならば、キトサンと脂溶性ビタミンとを朝食時にとるようにして下さい。キトサンはかなり新しい製品です。しかし、その毒性の有無や副作用についてはしっかり調べられ、その安全性が確認されています。ただ、妊娠期の女性と貝類に関するアレルギーのある人は除きます。キトサンの使用において注意することですが、とにかくウェイトロスには簡便な方法はないということです。あなたの食事の中のいくらかの脂肪分は体にとって必要であり、キトサンの使用期間を考え、食生活の正常化と定期的な運動をこころがけることが大切です。

<キトサンの正しい種類の選択>
確かなブランドを選ぶことが大切です。よく知られている確かな製品を作っている製造元かを調べて下さい。また、キトサンはビタミンCとの統合力を持っており、他の水を吸収するサイリウムのようなファイバーと一緒になった時に最高の力を発揮することを明記しているかなどは大切なポイントです。ここ数年、たくさんのウェイトロス製品が出ています。脂肪に関する働きはどの製品も言及していますが、キトサンは脂肪を驚くべき能力でその効力を抑え、ウェイトロスを実現させるのです。

参考書籍文献

Chitosan: The Nutrient of the Future. Woodland Publishing Inc. Utah.

輸入依頼されたい方は日本の個人輸入代行会社から「ダイエット」のバナーをクリックしてください。価格・注文表が出てきます。