All rights reserved. Copyright(C) 2002- Australia&Newzealand Pharmacy Group

これら製品の価格や注文などの問い合わせ、健康に関する相談など、日本で医薬品販売許可がある個人輸入代行業者(オレンジドラッグ)メールや電話(0836-58-5639)でお気軽にお問い合わせください。

ブラーミあなたの思考ためのハーブ

ブラーミ
ブラーミ 6000コンプレックス
50カプセル1日1カプセル
1カプセル中の成分
ブラーミ 6000mg
(バコサイドA:135mg)
イチョウ葉:500mg
(イチョウ葉標準フラボノ配糖体:2.4mg)
ginkgolides & bilobalide 600ug
ホーソーン:50mg
レシチン:100mg
グルタミン:100mg
ビタミンB6:4mg
グルコネート亜鉛:2mg
酸化マグネシウム:50mg
マンガンアミノ酸キーレイト:300ug

・記憶力改善
・学習能力の改善
・心配、不安感の緩和
・学生、お年寄りに最適


<ブラーミ: 伝統的アーユル・ヴェーダ>
一般にブラーミとして知られているバコパ・モニエラは、伝統的なアーユルヴェーダ薬が起源です。三千年以上も前のこれらの古代医療の成功を通して、ブラーミは強力な神経鎮静薬と脳の強壮剤として確立したのです。

<その効果>
アーユルベータの開業医と彼らの患者がブラーミの利点について何千年もの間考えてきたのですが、1951年になってやっとインドの中央薬学会での形式的な科学研究が、このハーブの働きを正式に確認したのです。彼らはブラーミが2つの主要なアクティブ成分バコサイドAとBを含んでいることを発見しました。これらの孤立した分子の神経生物学的な効果が、プロテインキナーゼ活性と特に記憶に関係する脳の細胞の新しいタンパク質の統合を増加させることがわかりました。この長期間に渡り重宝されたハーブには刺激的な神経活動によって学習、記憶と集中の能力を驚くべきほど高めるのです。

<ブラーミはどのような人のためになるか?>
ブラーミの効果は、記憶や集中のパワーへの刺激を望んでいるどんな人にも有効です。ブラーミADD(注意力散漫)、 老化に関係する精神的悪化とストレスの為の集中力不足を扱うことに有益に見えますが、それは健康状態に影響するのではなく、認識機能を改善することに役立つものなのです。1982年に行われた動物実験では、ブラーミが保留能力と同様に、習得した情報の認識を改善することがわかりました。また、ブラーミは習得した情報を忘れてしまうまでの時間をのばすことも示されました。ブラーミは記憶力を改善したいと考えている高齢者や、学習能力を改善させたい学生の方に最適なものです。それは人々が知的潜在力と精神的生命力を最適化するのを可能にするものです。個人的にも専門家の使用にも適しています。

<勉強、仕事におけるストレスからの解放>
知的な、そして認識の機能を改善すること以外にも、ブラーミはその利用者に穏やかさや平和な気持ちを引き起こさせます。神経的な不安感の影響を減少させる一方で、精神的に元気づけるというユニークな特徴を持っています。明確な思考力はストレス下でも働けるようになることと同じくらい重要です。そういった状況をつくり出すのがブラーミの役目です。多くの人々には、厳しい状況でも行動できる知恵があります。しかし、落ち着きと自信をいつも持つのは難しいことです。その上ブラーミは神経質な性質が引き起こす落ち着きなさや注意散漫を緩和します。ブラーミはこの問題に直面する学生や社会人にとって理想的なものです。神経鎮静剤としてブラーミは神経衰弱、消耗、注意力散漫によって影響を受けている人々を助けるために使用されていました。それは癲癇に悩まされる人々にとっても価値のあるものになるかもしれません。

<その他の健康に関する利点>
ブラーミ
の潜在的治療効果の利益は脳のそれよりはるかに勝っています。伝統的アーユルベディックの開業医はいろいろな状況でこのハーブを利用していました。それは血液の清浄剤として、そして発熱、炎症、関節炎、湿疹、乾癬や潰瘍などのいろいろな皮膚の問題に対処します。ブラーミはまた髪と皮膚、爪の成長を刺激するとも言われています。腸の過敏症(IBS)の治療でのブラーミの効力を評価するために行なわれた研究によると、このハーブは下痢などの症状に効果があることがわかりました。ヒトを利用した臨床実験によると、バコサイドの服用による副作用は見られません。

<ブラーミフォーミュラ>
このハーブは循環機能に役立つギンコバイロバとコリンが豊富なレシチンとしばしば結合しています。ブラーミのようにこれらの栄養分は、長い間脳と関係していたものです。それらには行動の様式とは独立しているとはいえ、認識の機能、特に記憶力、集中力の改善のために、共同してよく働きます。

参考書籍文献
  1. Singh, H. K. and Dhawan, B. N., Effect of Brahmi monniera Linn. (brahmi) extract on avoidance responses in rats. J Ethnopharmocol, (5): 205-214, March 1982.
  2. Bone, K., Clinical Applications of Ayurvedic and Chinese Herbs, Phytotherapy Press, Queensland, 102, 1996.
  3. Yadav, S. K. et al, "Irritable Bowel Syndrome: therapeutic evaluation of indigenous drugs", Indian Journal of Medical Research, (90): 496-503, December 1989.
  4. Indian Journal of Pharmocology, 28 (1): p37, 1996.

輸入依頼されたい方は日本の個人輸入代行会社から「ハーブ系サプリ」のバナーをクリックしてください。価格・注文表が出てきます。