All rights reserved. Copyright(C) 2002- Australia&Newzealand Pharmacy Group

Aqueous cream(アクエオスクリーム)

輸入依頼されたい方は日本の個人輸入代行会社から「スキンケア」のバナーをクリックしてください。価格・注文表が出てきます。

分類:スキンケア


アクエオスクリーム500g

Aqueous cream BP
エイクアス クリームBP
アクエオス クリームBP

肌の乾燥に使用します。
成分:乳化軟膏、フェノキシエタノール

<どのようにはたらくか>
アクエアス・クリームは肌の表面から潤いを失わないようにオイルの層をつくる非脂モイスチャライザーです。パラフィンオイルを含む乳化軟膏と水分が、抗菌防腐剤としてのフェノキシエタノールとともに含まれています。
乾燥肌は、角層として知られる皮膚の細胞の外側の層に水分が不足する結果として起こります。この層が水分を失うと、柔軟性がなくなり、ひび割れたりさけたり、時にはかゆみも起こります。角層には天然の水分保持物質が含まれています。これにより、肌の潤いは保たれています。皮膚から水分がたくさん蒸発してしまうと肌が乾燥しますが、これは年齢を重ねるとともに起こりやすくなります。温かいお湯と石鹸で洗った場合は、肌の天然油分が降り除かれてしまうために、よけいにひどくなってしまいます。
アクエアス・クリームのようなモイスチャライザーは、乾燥した肌に有効で、特に湿疹や皮膚炎のような症状に効きます。定期的に使用することによって、肌は柔軟性を保つことができ、潤いをキープできます。アクエアス・クリームはまた、乾燥を防ぐために石鹸の代わりとして使用することもできます。湿疹の場合は、定期的に使用し、肌の状態がいったん回復しても、その状態を保つために使用することもできます。
<何のために使うのか?> 
肌の乾燥対策です。
<注意>
これは外部への使用のみです。
<使用してはいけない場合>
成分にアレルギーのある場合は、使用しないで下さい。
この製品は、成分にアレルギーのある場合は、使用してはいけません。もし、以前にアレルギーの症状があったという方は、使用前に医師か薬剤師に相談して下さい。もし、アレルギー反応が出た場合は、使用を中止し、医師あるいは薬剤師に状態を告げて相談して下さい。

<授乳期、妊娠期の方>
妊娠中や授乳期は、薬によって、使用してよいものやいけないものがあります。よって、どのような薬であっても、使用前に医師に相談することをおすすめします。この製品は妊娠期や授乳期の方が使用しても害は見られないことがわかっています。

<副作用>
人によっては副作用が表れることがあります。この製品に知られている副作用を次に記します。ここにある副作用はすべての人にあらわれるというわけではありません。
「過敏症」あるいは「アレルギー反応」
これらは考えられる副作用のすべてというわけではありません。その他のより詳しいリスクに関しては、医師や薬剤師に聞いて下さい。
<この製品が他の薬にどのように影響するか>
アクエオス・クリームは肌に対する他の薬の吸収を増加させることができます。これは、湿疹などの症状にも有効です、ステロイドクリームなど他の薬の能力を改善することができます。炎症を抑え、肌に浸透しやすくするという働きがあるからです。

輸入依頼されたい方は日本の個人輸入代行会社から「スキンケア」のバナーをクリックしてください。価格・注文表が出てきます。